陸上の東京五輪代表選考会を兼ねた16日の日本選手権20キロ競歩に臨む有力選手が15日、神戸市内で記者会見し、抱負を語った。男子で派遣設定記録(1時間20分0秒)を満たした優勝者は代表に決まる。昨秋の世界選手権(ドーハ)6位の池田向希(東洋大、浜松日体高出)は「最大限の力を発揮すれば、おのずと結果はついてくる」と自信をのぞかせた。
 池田は昨秋の世界選手権以降はレースに出場せず、練習に専念してきた。「順調に仕上がっている」と手応えを感じている。
 世界選手権は高温多湿で真夜中のレースながら入賞と結果を残したが、五輪代表入りを逃した。「足りない部分がたくさんあると痛感し...    
<記事全文を読む>