札幌市の秋元克広市長は15日、札幌で今夏開かれる東京五輪マラソンのゴールについて「優勝選手らを札幌駅前通で祝福したい」と述べ、観衆の前でのウイニングランを演出する考えを示した。大会組織委と具体的な調整に入る考えだ。

 同日に市内で開かれた、政令指定都市でつくる「指定都市市長会」のシンポジウムで述べた。

 通常の五輪だと、ゴール地点が競技場のため、優勝選手らは国旗をまとってトラックを回る。東京五輪マラソンは大通公園を発着とする市中心部の周回コースとなったため、市はゴールの演出を模索していた。

...    
<記事全文を読む>