正月の箱根駅伝で総合優勝した青山学院大学(青学)の陸上競技部主将を務めた鈴木塁人(たかと)さん(22)=四年=が、出身地の柏市にある我孫子特別支援学校清新分校で、生徒たちと一緒に走ったり、テクニックを教えたりした。鈴木さんは「壁に当たったときは、他人が悪いと考えるのではなく、自ら前向きに課題に対処していこう」と生徒たちに呼び掛けた。

 (堀場達)

 鈴木さんは同市立西原小、中学校を経て、流通経済大柏高校を卒業後、青学へ進んだ。西原中時代に所属していた野球部顧問の山崎敏之さん(47)が現在、清新分校の教諭を務めているなどの縁で、特別授業の講師として、七日に招かれた。

<記事全文を読む>