「箱根駅伝」で2年連続区間新記録を出し、学生陸上界をリードする須賀川市出身の相沢晃選手(東洋大4年、学法石川高卒)がパネリストとなったシンポジウムは8日、同市で開かれた。出演者が「夢は箱根で終わらせない」をテーマに陸上競技に懸ける思いを披露、相沢選手は東京五輪1万メートル出場に意欲を見せながらも「東京の先にあるパリ五輪のマラソンでメダルを取ることが一番の目標」と見据えた。

 東京五輪・パラリンピックの盛り上げにつなげようと1964年東京五輪マラソン銅メダリスト円谷幸吉(須賀川市出身)を顕彰する「円谷幸吉・レガシーサルビアの会」が企画した。

 相沢選手のほか、国士...    
<記事全文を読む>