日本陸連は6日、東京五輪代表選考会を兼ねる日本選手権20キロ競歩(16日・神戸)にエントリーしていた昨秋の世界選手権7位の藤井菜々子(エディオン)=福岡・北九州市立高出身=が、右太ももの靱帯(じんたい)炎のため欠場すると発表した。所属先によると大事を取っての措置で、もう一つの代表選考会である3月15日の全日本競歩能美大会(石川県能美市)には出場できる見通し。

 最大3人が五輪に出場できる競歩女子20キロは、両選考会のどちらかで日本人最上位となり、5月3日までに派遣設定記録(1時間30分0秒)を突破すれば代表に内定。残りの枠も原則として両選考会のどちらかで日本人3位以内に入る...    
<記事全文を読む>