陸上の日本選手権クロスカントリー(22日、福岡市・海の中道海浜公園)の主なエントリー選手が5日発表され、シニア男子(10キロ)には昨秋からの大学駅伝3大大会(出雲、全日本、箱根)ですべて区間新記録をマークした相沢晃(東洋大)らが名を連ねた。日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは4月に旭化成へ入社する相沢を優勝候補の筆頭に挙げ、トラックの1万メートルでの日本記録更新や東京五輪出場につながるよう、勢いのつく快走を期待した。

 

 2017年王者の鬼塚翔太(東海大)=福岡・大牟田高出身=や箱根駅伝6区区間新の館沢亨次(同)ら次世代のエース候補が集う今大会...    
<記事全文を読む>