バスケットボール女子のWリーグは26日、臨時理事会を開き、29日~3月15日までに予定されていた、今季残りのレギュラーシーズン全試合を中止することを決めた。3月24日に始まるプレーオフからの再開を目指す。
 Wリーグのレギュラーシーズンは12チームによる2回戦総当たりで行われる予定だったが、各チーム6試合は未消化となる。レギュラーシーズンの順位は今月23日の試合終了時点の順位で確定し、1位のJX-ENEOSから8位の東京羽田までがプレーオフに進む。シャンソン化粧品は6位。

 ▽リーグ戦順位 (1)JX―ENEOS15勝1敗(2)トヨタ自動車13勝3敗(3...    
<記事全文を読む>