バスケットボール男子のBリーグは26日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、28日から3月11日までに予定されていた1部(B1)と2部(B2)の計99試合を延期すると決めた。3月14日の再開を目指す。
 B2の中地区で首位に立つ信州ブレイブウォリアーズは5試合が延期の対象。28、29日は仙台市で仙台戦、3月6、7日は長野市ホワイトリングで西宮戦、同11日は東京都内で東京Z戦が組まれていた。
 Bリーグは25日から2日間、臨時実行委員会を開いて対応を協議してきた。B1は延期した試合を再開後の平日にも実施した上で、4月18、19日に予定されていたレギュラーシーズン最終節...    
<記事全文を読む>