今夏の東京五輪で新たに正式種目に採用された3人制バスケットボール「3×3(スリーエックススリー)」の小学生向け県内大会「ダーウィンカップ」が24日、群馬県みどり市の桐生大学グリーンアリーナで初めて開かれ、県内でミニバスケットボールに親しむ60人以上が参加した。5人制よりも速い展開の攻防が楽しめ、音楽との融合といったエンターテインメント性が特色の3人制。世界での競技人口は40万人を超えるといわれ、県内でも五輪を追い風に普及の動きが進んでいる。

 大会は、桐生市の保険代理店「ダーウィン」が主催し、同社とパートナー契約を結ぶみなかみ町の3×3チー...    
<記事全文を読む>