バスケットボールB1第23節は17日、豊田市のスカイホール豊田で1試合を行い、東地区2位の宇都宮ブレックスは中地区2位の三河と対戦し、88-84で競り勝った。3連勝で通算成績を30勝9敗とし、A東京と同率ながら東地区首位に浮上した。

 ブレックスは第1クオーター(Q)、遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)らが外角からのシュートを高確率で決め25-12とリード。第2Qは一進一退の攻防を繰り広げたが、第3Qに渡辺裕規(わたなべひろのり)の8得点の活躍などでリードを14点に広げた。第4Qは終盤に一時2点差まで追い上げられたが、残り17秒でジェフ・ギブスがフリースロー2本を冷静に決め、追い...    
<記事全文を読む>