プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは16日、秋田県立体育館で秋田ノーザンハピネッツ(東地区5位)と今季第39戦を行い、67―81で敗れた。通算成績は25勝14敗で、順位は西地区1位のまま。

 前半は優位に試合を進めたが、後半で秋田が守備の強度を高めると流れが一転。第4クオーターに連続3点弾などで突き放された。15日の試合で、けがのため途中で下がった岸本隆一と長谷川智伸は欠場した。次戦は29日午後6時35分から島根県の松江市総合体育館で島根スサノオマジックと対戦する。【琉球新報電子版】

...    
<記事全文を読む>