バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は16日、各地で9試合を行った。第23節第2日、東地区5位の秋田ノーザンハピネッツは秋田市の県立体育館で西地区首位の琉球と対戦。最終クオーターに勝ち越し81―67で快勝した。通算18勝21敗で順位は変わらない。

 MVPは3点シュート3本を含む12得点、7アシストのガード中山拓哉、印象的な活躍をした選手が対象のMIPには22点を挙げたフォワードのキーナンが選ばれた。

 次節は29日と3月1日、愛知県豊橋市総合体育館で中地区最下位の三遠と戦う。

 

秋田 81―67 琉球
  (13―27) 
...    
<記事全文を読む>