バスケットボール男子・Bリーグ2部は第23節最終日の16日、各地で8試合が行われた。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは天童市の県総合運動公園アリーナで広島(西地区)と対戦し、65―82で敗れた。12連敗となり、通算成績は7勝36敗。順位は6位のまま。

 山形は前日と同様、和田保彦、古橋広樹、チュクゥディエベレ・マドゥアバム、ジョルジー・ゴロマン、河野誠司が先発した。前半は堅守から粘り強くゲームを組み立て、高い得点力を誇る広島相手に37―39で折り返した。しかし後半、第3クオーター(Q)で15得点、第4Qで13得点と攻撃力不足を露呈し、引き離された。
<記事全文を読む>