バスケットボール男子のB2は16日、兵庫県西宮市立中央体育館などで第23節の8試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは同地区2位の西宮に72―62で勝った。5連勝で通算36勝7敗の信州は、西宮とのゲーム差を8とし、地区優勝へのマジックナンバーを「10」に減らした。
 試合開始から信州がマーシャルを中心に得点を重ねたのに対し、西宮は3点シュートを効果的に決めた。信州は前半を38―37で折り返し、第3クオーター(Q)にマーシャルの9得点などで4点差に広げた。第4Qはマクヘンリーの10得点で突き放した。
 信州の次節は22、23日。長野市ホワイトリングで東地区3...    
<記事全文を読む>