バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)の佐賀バルーナーズは15日、佐賀市の諸富文化体育館で東京八王子ビートレインズと対戦し、103ー87で勝って連勝を8に伸ばした。通算成績を27勝10敗とし、首位に浮上した。

 佐賀バルーナーズは後半に鮮やかな逆転劇を見せた。38ー43でリードされて迎えた第3クオーター、中西佑介が3点シュートを決めるなど計11得点を奪う活躍で、68ー65と逆転に成功。第4クオーターは、渋田怜音が要所でシュートを決めて流れをつかみ、相手との差を広げた。

 佐賀バルーナーズは16日午後2時からも、同体育館で東京八王子ビートレインズと対戦する。 <記事全文を読む>