バスケットボール男子・Bリーグ2部東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは15、16の両日、天童市の県総合運動公園アリーナで広島(西地区)と対戦する。14日現在、7勝34敗。今季2度目の10連敗を喫するなど苦境にあえぐ中、ホーム戦の利を生かし何としても白星を挙げたい。

 山形は同日、試合会場で調整した。西地区首位を走る広島は外国人選手の高い攻撃力が強み。相手得点源に対し、複数選手でカバーする守備が想定される。試合を通じ、チームディフェンスをどこまで徹底できるかが鍵となる。

 東島奨ヘッドコーチ(HC)は「今季も残り19試合で、一試合が持つ意味はとても大きい。しっかりゲ...    
<記事全文を読む>