プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区2位)は12日、大阪府のエディオンアリーナ大阪で大阪エヴェッサ(西地区1位)と首位決戦(今季第37戦)を行い、73―55で圧勝した。通算成績は24勝13敗。大阪と勝率で並んだが直接対決の成績は1勝2敗のため順位は2位のまま。10月に台風の影響で延期となった振り替え試合。

 次戦は15日、秋田県立体育館で秋田ノーザンハピネッツ(東地区5位)と戦う。【琉球新報電子版】

...    
<記事全文を読む>