バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)西地区最下位(6位)の島根スサノオマジックが8日、ホームの松江市総合体育館で第36戦を行い、中地区4位の新潟アルビレックスBBに75-60で快勝し、連敗を7で止めた。鈴木裕紀監督が2カ月間の職務停止処分で不在となってから7試合目で初勝利。通算11勝25敗とし、2季前のB1での通算勝利数に並んだ。順位はそのまま。

...    
<記事全文を読む>