バスケットボール男子のB2は8日、長野市ホワイトリングなどで第22節の9試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは東地区6位(最下位)の山形に91―54で大勝した。信州は2連勝で通算33勝7敗。中地区2位の西宮も勝ったため、信州とのゲーム差は6のまま。
 信州は第1クオーター(Q)、大崎が3点シュート3本を含む11得点の活躍を見せ、16点をリード。第2Qも大崎の9得点などで45―25で前半を折り返した。ベンチメンバーの出場時間が増えた後半も得点を重ねて山形を引き離した。
 信州は9日午後2時から、同じ会場で再び山形と対戦する。

...    
<記事全文を読む>