バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)西地区首位の広島の谷口が、8、9日に広島サンプラザである奈良戦で「影のキーマン」となりそうだ。大型外国人2人をそろえる奈良との連戦では、身長201センチの29歳の粘りが重要。「外国人をリバウンドや守備で止めれば、流れを持ってこられる」と力を込める。

...    
<記事全文を読む>