立川市を拠点にするバスケットボール・Bリーグのアルバルク東京を応援しようと、市は市役所一階の多目的プラザに選手の等身大パネル写真を展示し、応援メッセージを受け付けている。チームがホームのアリーナ立川立飛(泉町)で試合を行う八、九日を「アルバルク東京応援day」と銘打ち、市民のムード盛り上げを図る。

 展示した写真は、竹内譲次選手ら三人。応援メッセージは紙に書き込み、ボードに貼る。七日まで続け、十~十四日も実施予定。集まったメッセージはチームに届ける。

 試合日の八、九日は、アリーナに市のブースを出展。来場者向けに、市のキャラクター「くるりん」との記念撮影会などを...    
<記事全文を読む>