3月に帯広で行われるバスケットボール男子Bリーグのレバンガ北海道の公式戦を前に、チームのマスコットキャラクター「レバード」が3日、市教委の池原佳一教育長を表敬訪問し、帯広開催をPRした。

 レバードはレバンガ北海道最高経営責任者(CEO)の横田陽さんとともに市役所を訪れ、池原教育長に公式ファンブックと帯広開催のPRポスターをプレゼント。横田さんは「見応えある試合になる。多くの帯広市民の方々に観戦に来てほしい」と話し、池原教育長は「地元の子供たちがスポーツの魅力を肌で感じる機会になったらうれしい」と期待を述べた。

 公式戦は3月7、8日、新しい帯広市総合体育館「よ...    
<記事全文を読む>