バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は2日、各地で第21節を行い、東地区2位の群馬クレインサンダーズは名古屋市千種スポーツセンターで中地区3位のFE名古屋と戦い、90-78で勝ち、通算26勝13敗とした。地区首位の仙台も勝ち、ゲーム差は3のまま。第22節は8、9の両日、ヤマト市民体育館前橋で東地区3位の茨城と戦う。

 群馬は2点ビハインドで折り返したが、第3クオーターにギャレット・スタツの一挙14得点などで攻め立て逆転した。第4クオーターも、この試合で個人通算2千得点を達成したロスコ・アレンらの活躍で差を広げた。

...    
<記事全文を読む>