バスケットボールの男子Bリーグ2部(B2)は2日、香川県土庄町総合会館などで9試合が行われ、中地区2位の西宮は西地区2位の香川を76-75と1点差で振り切り、26勝目(13敗)を挙げた。

 西宮は第1クオーター(Q)を7点先行で発進。第3Qにも道原やバーンズの3点シュートなどで26点を挙げてリードを広げ、終盤は相手の猛追をしのいだ。チームのアシスト総数は香川の倍の24に上った。

...    
<記事全文を読む>