プロバスケットボール男子のBリーグ(2019~2020シーズン)、B2のバンビシャス奈良は2日、ホームのならでんアリーナで東京エクセレンス(中地区4位)と第21節2戦目(第39試合)を行ったが80―87で敗れた。通算17勝22敗。

 バンビシャスは第1クオーター(Q)、中盤までの競り合いから本多、井手の3点シュートなどで引き離し24―14。第2Qは残り13秒の横江のシュートがバスケットカウントとなり、横江はフリースローも成功させて22―20で辛くも勝ち越し、計46―34で試合を折り返した。

...    
<記事全文を読む>