バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は2日、浜松アリーナなどで7試合が行われた。中地区の三遠は東地区首位の宇都宮に50-87で前日に続いて敗れ、11連敗で3勝32敗となった。
 特別指定選手として三遠とアマチュア契約を結んだ福岡第一高の18歳、河村は10得点だった。

 ▽1部
 宇都宮 27勝8敗 87(24―15 21―15 22―14 20―6)50 三遠 3勝32敗

 ■河村2桁点、4試合連続
 三遠は宇都宮の守備の強度と攻撃の精度の高さに屈した。立ち上がりから失点を重ね、試合開始3分後には早くも9点...    
<記事全文を読む>