新型コロナウイルスの感染拡大により、29日以降の公式戦3試合が取りやめとなったJ2ファジアーノ岡山は26日、政田サッカー場(岡山市)で中止決定後、初の練習に臨んだ。選手たちは突然の試合延期に戸惑いつつも気持ちを切り替えてトレーニングに励み、クラブ側はリーグ再開に備えて対応に追われた。

 「状況的に延期はやむを得ない」と23日の開幕戦でキャプテンマークを巻いたMF上田。次戦は3週間後の3月18日のアウェー新潟戦となる見込みで「初戦で勝っていることもあり、ここから前向きに取り組んでいける」と受け止めた。

 代替開催日は未定だが日程が過密になること...    
<記事全文を読む>