新型コロナウイルスの感染拡大によるJリーグ公式戦の開催延期を受け、J1神戸のフィンク監督は26日、いぶきの森球技場(神戸市西区)での非公開練習後、「この状況は残念だが、逆にアピールできていない選手はこの時間を有効に使ってほしい」と前を向いた。練習は28日から5日間オフとなり、クラブは遠出が必要な場合は事前連絡の徹底を呼び掛けた。

 神戸は今季、公式戦4試合を終えて3勝1分け。昨季から9戦負けなしと好調が続くが、28日のアウェー鹿島戦から3月14日のホーム湘南戦までリーグ戦3試合が延期となった。

 指揮官はシーズン序盤の日程変更に「これからリズムをつかむところでの...    
<記事全文を読む>