サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)のヴィアティン三重は25日、3月のJFL4季目の開幕を前に、桑名市和泉の事務所で、新入団選手発表会を開き、四日市市出身のFW佐藤洸一(33)ら12人をお披露目した。

昨シーズンの成績は16チーム中10位。就任2季目の上野展裕監督(54)は「最終戦で勝てば5位というところで勝ちきれなかった」と振り返り、補強のポイントとして「最後の1得点、1失点にこだわり、全力を尽くしてくれそうな選手を選んだ」と語った。

同日、Jリーグ参入へ最初の関門となる「百年構想クラブ」に認められた。J3入りへの条件の1つがJFL4位以内だが、J2ヴァン...    
<記事全文を読む>