新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月15日までの公式戦延期を25日に決定したJリーグ。リーグ実行委員会の緊急ウェブ会議に24、25の両日に出席したJ2栃木SCの橋本大輔(はしもとだいすけ)社長は「リーグの勇気ある決断だと思う。サポーターや一般の方への感染を防ぐため、協力していきたい」と受け止めた。

 今回の決定により、栃木SCは3月1日のアウェー水戸戦、県グリーンスタジアムで予定されていたホーム開幕戦となる8日の愛媛戦、15日の福岡戦の3試合の延期となる。代替日や購入チケットの取り扱いなどは未定。18日のアウェー磐田戦以降の開催についても、状況を見ながらの判断となりそう...    
<記事全文を読む>