目を疑った。あれっ、あれっ、あれっ? 8日、天皇杯覇者の神戸を相手の富士ゼロックス・スーパーカップ。シーズンの到来を告げる一戦。臨んだPK戦で2人が成功した後、連続して5人が失敗(相手も付き合いよろしく連続4人失敗)した揚げ句の敗戦は記録にも記憶にも残ることになった。

 J1開幕は23日のG大阪戦。相手の研究と対策にしてやられた。GKを含めた後方の位置からボールをつないで組み立てる。守備ラインを押し上げて守る。マリノスの特長でもある戦い方をしっかり研究したG大阪は、まさにそこを突いた。

 試合の流れを大きく左右した前半の2失点。1点目はGKとDFのパス交換のわず...    
<記事全文を読む>