Jリーグは25日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて3月15日までの全公式戦の延期を決めた。その日程変更の影響は大きく、東日本大震災以来という大規模な中断を強いられ、状況次第では3月18日の再開も遅れる可能性がある。村井チェアマンは「(中止)期間が延びれば、五輪期間も併用することになる」と、五輪中断期間のリーグ戦実施にも言及した。

...    
<記事全文を読む>