新型コロナウイルスの全国的な感染拡大を受け、Jリーグが3月15日までの全公式戦の延期を決めた25日、J1サンフレッチェ広島も対応に追われた。またファンは決定に一定の理解を示す一方、23日の鹿島とのリーグ開幕戦を白星発進した直後だけに「せっかくのいい流れが…」と残念がる声も上がった。

 26日にYBCルヴァン・カップ1次リーグの札幌戦を控えていたエディオンスタジアム広島(広島市安佐南区)。設営作業はほぼ完了していたが、スタッフは急きょ、スタジアム正面に試合延期を知らせる張り紙を掲示するなど作業に追われた。チームは同スタジアムで練習し、ファン約30人が見守った。広...    
<記事全文を読む>