新型コロナウイルスの感染拡大でJリーグが3月中旬までに予定していた公式戦の延期を発表したことを受け、札幌も合宿日程の変更など対応に追われた。

 25日の午前練習後、三上大勝ゼネラルマネジャー(GM)が選手に試合延期を伝えた。チームはYBCルヴァン・カップのアウェー広島戦(26日)に向け、合宿地の熊本市から移動予定だったが、急きょ残った。

...    
<記事全文を読む>