いわきFCを運営するいわきスポーツクラブの大倉智社長(50)は、福島民友新聞社のインタビューに応じ、本拠地(ホームタウン)をいわき市から双葉郡まで拡大する狙いについて「復興のシンボルとしてJヴィレッジもある。試合だけでなく、スポーツを切り口にした健康教室などを開き、今まで積み上げてきた4年間の経験を生かして双葉郡を含めた地域を盛り上げたい」と語った。

...    
<記事全文を読む>