明治安田J2第1節は23日、各地で11試合を行い、栃木SCは長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で長崎と対戦し、0-1で惜敗。J2では2018年から3季連続、J3時代も含めると、15年から6季連続で開幕戦の白星を逃した。

 栃木SCは4-4-2の布陣。元日本代表のFW矢野貴章(やのきしょう)や大卒新人のMF明本考浩(あきもとたかひろ)(宇都宮市出身)ら新加入の6人が先発した。

 前半は開始直後から前線へのロングボールを多用し好機をつくるも矢野やDF柳育崇(やなぎやすたか)のシュートは決まらず。逆に22分には相手の左CKをファーサイドで合わされて先制を許し...    
<記事全文を読む>