サッカーJ2の松本山雅FCは23日、松山市のニンジニアスタジアムで行われたJ2開幕戦で愛媛FCに2―1で逆転勝ちし、白星スタートを切った。松本山雅の開幕戦勝利は、J1に参戦したシーズンを含めて6年ぶり。1年でのJ1復帰に向けて好発進した。
 松本山雅は後半3分に先制点を奪われたが、同7分に新加入のMF鈴木雄斗が同点ゴール。同26分には鈴木のクロスを2年目のFW阪野豊史が左足で押し込んで逆転に成功した。このままリードを守りきって勝利が決まると、遠方から駆けつけた約950人の松本山雅サポーターは喜びを爆発させていた。
 松本山雅は3月1日の第2節でアルビレックス新潟を松...    
<記事全文を読む>