サッカーJ3のAC長野パルセイロは23日、静岡県御殿場市で静岡産大と練習試合を行って4―0で勝ち、11日間の2次キャンプの全日程を終えた。


 この日の練習試合は、22日の相模原との練習試合で出場しなかった選手が中心。4―4―2の布陣で、佐相と吉田が2トップに入った。前半9分に敵陣左深くで佐相が決めて先制すると、45分には右クロスのこぼれ球を岩沼が押し込んだ。後半は球を保持する時間が長く、14分と18分に練習生が得点した。


 ボランチで先発した最古参の5年目の東は「全体的に戦術理解度が高いと思う。開幕に向けてコンディションをもっと上げていき...    
<記事全文を読む>