モンテディオ山形は今季就任した石丸清隆監督の下、県民の期待を背負い、変化を求めてトレーニングに励んできた。初陣を直前に控えた指揮官に、手応えと意気込みを聞いた。以下は一問一答。

 ―キャンプでのチームの仕上がり具合は。

 「100パーセントでないことは、各チームと同じだと思う。攻撃面を中心に取り組んできた。それは今まで(山形に)足りていなかったところ。自分たちから主体的に動き、ハーフラインをどうやって越えていくかが、大きな鍵になると思う。まだまだ完璧ではないが、トライしようという姿があり、前向きに捉えたい。雰囲気は一体感があり、選手も真面目に...    
<記事全文を読む>