闘志は失っていなかった。ボランチでフル出場のMF荒野が反撃ののろしを上げた。0―4の後半23分だ。ゴール正面でルーズボールに反応、豪快に右足を振り抜いてネットを揺らした。「ふかさないことだけ気をつけた。武蔵がニアでつぶれてくれたおかげ」。その後に鈴木も得点。チームとして意地を見せた。

 敗戦の中、持ち味を発揮した。「(ボランチの)自分がゴール前に入って行けば、なかなかマークしづらい。リスクはありますけど、点が欲しい場面だった」。ピッチ上で状況に応じ、最良のプレーを選択した。<道新スポーツ2月23日掲載>

...    
<記事全文を読む>