サッカーJリーグ1部(J1)清水エスパルスは23日のFC東京とのリーグ開幕戦から、ホームの全ての試合で、山室晋也社長らクラブ幹部が来場者の出迎えなどを行う「エスパルスおもてなしプロジェクト」を実施する。
 出迎えは開場時にゲートに立って実施するが、新型コロナウイルスの感染予防でハイタッチなどは行わない。他にも会場ボランティアの「パルちゃんクラブ」や警備員、飲食販売員など、スタジアムで接客に携わる関係者全てのサービス向上を図る。山室社長は「おもてなしの姿勢を見せて来場者の満足度を高めたい」と話す。
 23日は午前10時開場で午後1時キックオフ。チケットの売れ行きは好調...    
<記事全文を読む>