川崎フロンターレは昨季、3連覇を狙ったリーグ戦で4位となったが、ルヴァン杯では地力の高さを見せつけ頂点に立った。ボールを保持しながら、巧みな連係で相手ゴールに迫るスタイルが持ち味だ。

 個の能力の高い選手が多い。特に、MF大島僚太はボールコントロールがうまく、攻守ともに隙がない川崎の心臓といえる。前線の選手は得点力が高く、16日のルヴァン杯・清水戦では5ゴールを奪って快勝。昨季13得点のFW小林悠や、ゴール前のアイデアに優れるFWレアンドロダミアンに自由を与えてはいけない。

 川崎は今季、4-3-3の攻撃的な布陣に挑戦している。「チャンスの時、一人でも多くゴール...    
<記事全文を読む>