サッカー・J2水戸ホーリーホックの練習拠点を兼ねる、城里町の複合施設「アツマーレ」(同町小勝)の将来像を探る催しが14日、同施設であった。町民やホーリーホックの関係者らが、アツマーレを核に同町の自然や食を組み合わせた地域振興策を出し合った。

 アツマーレは、廃校となった旧七会中学校を町が約3億2800万円をかけて改修し、役場支所や公民館、バーベキュー場などを備えた複合施設。2018年2月にオープンした。天然芝のサッカーグラウンド2面のほか、ホーリーホックのクラブハウスや町民も利用できるトレーニングルーム、会議室、書庫、体育館などが併設されている。
<記事全文を読む>