【MF 宮阪政樹】長短パスで状況打開
 中盤で献身的に動き回り、長短のパスで状況を打開する。山形と大分で2度のJ1昇格を経験している。「チーム目標(16位、勝ち点50)はあるが、勝ち点をきちんと取っていけばその上も狙える。実績のある選手も多いので、チームに経験を伝えたい」と頼もしい。
 FC東京の下部組織から明大を経て、奥野僚右監督が指揮を執っていた山形に加入。1年目からボランチの主力として活躍し、奥野監督の下で67試合に出場して経験を積んだ。
 今季J2に降格する松本ではプロ入り後初の契約満了。トライアウトを受け、下部リーグを含めて所属クラブを探した。「群...    
<記事全文を読む>