伊那市西箕輪小学校6年の有賀悠太君(12)が3月下旬から、サッカーのスペイン1部リーグ所属のレガネスの下部組織の入団試験を受ける。昨年8月に同国のサッカースクールに参加した際、実力が認められ、入団試験の打診を受けた。有賀君は「夢だった海外のプロサッカー選手になるための一歩を踏み出せる」と意気込んでいる。

 スペイン1部リーグにはレアル・マドリードやバルセロナなどの人気強豪チームが所属。世界最高峰リーグとされ、レガネスは元日本代表監督ハビエル・アギーレ氏が率いている。

 有賀君は昨年12月、レガネス側に招かれスペインでの練習に参加。当時は右膝を...    
<記事全文を読む>