ルーキーイヤーだった昨季、初めての世代別代表入りからフル代表にも選ばれ、夏には鹿島への期限付き移籍も経験した。激動の1年を経て、今季再び名古屋の一員となった相馬は「チームを勝たせる存在になる」。得点やアシストという目に見える結果を出してこそ、目指す姿に到達できる。

 名古屋が今季、新システムで挑む「縦に速い」スタイルは、スピードがあり推進力のある相馬にとってはうってつけ。ワントップ下に3人が並ぶ2列目が主戦場となる。左右両サイドをこなせる点は魅力で、試合に絡む機会は増えそう。マテウスや前田らとの定位置争いにも「自分の特長は違う」と強気だ。

 日の丸を背負ったこと...    
<記事全文を読む>