サッカーJ3のFC岐阜を運営する岐阜フットボールクラブの宮田博之社長、ゼムノビッチ監督らが19日、県庁を訪れ、3月7日の開幕に向けて古田肇知事に決意を語った。

 初めてJ3に降格した岐阜は、ゼムノビッチ監督を迎え、1年でのJ2復帰を目指す。15日間にわたる宮崎キャンプを終え、ゼムノビッチ監督は「最後の練習試合で同じJ3の岩手に5―0で勝ち、手応えを感じた」と報告。古田知事からの「なぜ降格したのか」の質問に「最後に失点することが多かったのでフィジカルを強化している。主将の竹田(忠嗣)らベテランが引っ張り、若い選手のエネルギーでよく走るチームができる」と意気込んだ。古田知事は「...    
<記事全文を読む>