北海道コンサドーレ札幌の正GK具聖潤(25)が“ラストイヤー”の白星発進を誓った。具は兵役の関係で、今季限りで韓国へ帰国することが濃厚。節目の1年への決意を語るとともに、将来的な札幌復帰も示唆した。ACL出場権を置き土産とすべく、まずは22日のリーグ開幕・柏戦の完封勝利を目指す。

 特別な心境で2020年を駆け抜ける。具が悲願達成への思いを語った。兵役のため今季終了後、韓国へ帰国することが濃厚。「正直、自分は最後の年だと思ってやっている。1日1日を大切にしてタイトルを取って韓国に帰りたい」と決意表明した。同時に「兵役が終われば戻ってくるんですけど」と...    
<記事全文を読む>