J3のFC岐阜の宮崎キャンプは最終日の17日、宮崎県総合運動公園で筋力トレーニングを行い、打ち上げた。

 午前に同公園内のトレーニング室で機器を使いローテーションして実施。ベンチプレスやダンベル、懸垂などに加え、高さの異なるマットに飛び乗るボックスジャンプなどさまざまなメニューに約2時間にわたって取り組んだ。

 最後に、14日に死去した元後援会長の星野鉃夫氏に黙とうを捧げ、岐阜に戻った。

 今後、練習試合を交えながらチームづくりを行い、3月7日のホーム長良川競技場での長野との開幕戦に備える。

◆縦に速い攻撃へ変化

 15日間に...    
<記事全文を読む>