サッカーJ2のV・ファーレン長崎は16日、シーズン開幕を前にチーム新体制の発表会を開いた。今季のスローガンを「PASSION and ACTION~感じて動く~」とし、新たに加入した選手や新主将をお披露目。昨季は惜しくもリーグ戦12位に終わったものの、手倉森誠監督は今季改めてJ1復帰を目指すことを強調した。

 昨季の戦績は17勝5分け20敗で12位。チーム総得点57点中、22ゴールを記録したストライカー、FW呉屋大翔選手が移籍したのは痛手だが、手倉森監督が掲げる「全員守備、全員攻撃のサッカー」で今季に挑む。

 新加入選手10人の中でも最も注目されるのは、ブラジル...    
<記事全文を読む>